So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

二の腕、ふくらはぎつまむ 神奈川県職員を停職1カ月(産経新聞)

 神奈川県は21日、同僚の女性職員にセクハラ行為をしたとして、総務部の男性非常勤職員(65)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 県によると、男性は昨年7月ごろから9月中旬ごろにかけ、同じ業務に従事する女性の二の腕やふくらはぎをつまむように触ったり、手の甲に手を重ねたりする行為をそれぞれ5、6回繰り返すなどした。

 9月17日に女性が上司に訴えて発覚。男性は事実関係を認めているという。

【関連記事】
セクハラで娘自殺、両親がリゾート施設に賠償求め提訴
キャバ嬢の悩み赤裸々に 労組立ち上げの背景
手足を縛り…実習の短大生にセクハラ 知的障害者施設の職員停職
三重県職員が共有ソフトでガンダム違法公開、容疑で逮捕
上司の印鑑を勝手に 神奈川県職員を減給「作成遅れて…」

小沢氏に対する告発状受理 東京地検 (産経新聞)
スギ・ヒノキ花粉の飛散量 昨春の3割(産経新聞)
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護(時事通信)
名護市長選「斟酌せず」に抗議へ…沖縄選出議員(読売新聞)
小沢氏続投、支持相次ぐ=事情聴取受け閣僚が発言(時事通信)

<小沢幹事長>稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」(毎日新聞)

京都市バス、電柱に衝突…9人けが(読売新聞)

 25日午後4時20分頃、京都中京区の木屋町通二条交差点で、市営バスが道路脇の電柱に衝突し、乗客8人と歩行者1人の計9人がけがをした。このうち乗客の女性1人が重傷の模様。

 五条署などによると、現場は二条通と木屋町通が交わる三差路。二条通を西に向かっていたバスが、三差路南西角の電柱にぶつかったという。

機動隊の同僚に暴行 千葉県警、隊員2人を戒告(産経新聞)
過疎法の延長期間は6年=58市町村を追加指定へ−与野党合意(時事通信)
<火災>住宅全焼 姉妹2人焼死か 千葉・市原(毎日新聞)
高齢者宅に5時間居座り、効能偽り温灸器販売(読売新聞)
胆沢ダムの建設続行=首相(時事通信)

8割がネットで公開=学校法人の財務情報−文科省(時事通信)

 大学、短大などを運営する文部科学省所管の学校法人のうち、インターネット上で決算書類など2008年度の財務情報を公開した法人は、前年度より7.7ポイント増の81.4%を占めたことが18日、同省のまとめで分かった。一方、7.8%の法人は公開していなかった。
 集計対象となった667法人のうち、09年10月時点で貸借対照表、収支計算書、事業報告書などをホームページに掲載していたのは、前年より53増え543法人。広報誌や学内の掲示板で公開した法人も合わせると615法人だった。
 文科省私学部は「学校法人は私学助成や税の優遇を受けており、受験生を含む社会に対して財務状況を知らせるべきだ」としている。 

与党「政策実現」、野党「小沢氏追及」=論戦へ決意(時事通信)
「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に−小沢環境相(時事通信)
石川容疑者、犯意認める 「後任秘書に虚偽記載指示」(産経新聞)
橋下知事、「民主党の地方分権発想、僕の考えとは違う」(産経新聞)
診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)

<自民>2月中に参院選候補者決定 全国幹事長会議開く(毎日新聞)

 自民党の全国幹事長会議が23日、党本部で開かれ、谷垣禎一総裁は「(24日に開く)党大会を機に一致結束して政権奪還への道をともに歩みたい」と訴えた。大島理森幹事長は今夏の参院選の候補者を2月中に決める考えを明らかにした。

 これに対し出席者からは執行部批判が相次いだ。長野県連の石田治一郎幹事長は「鳩山政権の体たらくにもかかわらず、わが党の支持率が上がらない。参院選比例代表候補者の『70歳定年制』を順守しなければ、自民党が変わったと国民に認識されない」と指摘。「参院選に負けたら自民党はばらばらになり、私も県連をまとめる自信はない」と危機感を訴える声も出た。【木下訓明】

菅家さん「謝って」元検事「深刻に受け止め」(読売新聞)
<札幌女性殺害>防犯カメラに不審な男 被害者追い横切る(毎日新聞)
不明32歳女性か、遺体発見=「埋めた」供述の男逮捕−兵庫県警(時事通信)
不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市(医療介護CBニュース)
“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止 通常国会冒頭から(産経新聞)

<バンクーバー五輪>にぎわうリンク 早くも祭典ムード(毎日新聞)

 【バンクーバー(カナダ)飯山太郎】2月12日(日本時間13日)の冬季五輪開幕を待つバンクーバー市。街の中心部にあるスケートリンク「GEアイスプラザ」は、一足早い五輪ムードを味わおうという家族連れやカップルで、連日、夜遅くまでにぎわっている。

【特集】総力特集 写真と記事でみるバンクーバー五輪

 リンクは市の目抜き通り「ロブソンストリート」沿いに建つ。資金不足で2000年に一度閉鎖されたが、五輪スポンサー企業や地元ブリティッシュコロンビア州の援助を得て、昨年11月にリニューアルオープンした。

 地元のスケートクラブによるアイスショーなども行われ、市民がスケートに親しむことに一役買っている。

【関連ニュース
バンクーバー五輪:健闘誓う…日本選手団が結団式・壮行会
バンクーバー五輪:「最高の結果を」首相が壮行会でエール
バンクーバー五輪:ホームレス宿泊施設オープン
バンクーバー五輪:スピードスケート会場など公開

小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)
長野の村井知事“ダンマリ戦術”の理由とは?(産経新聞)
英語リスニング198人再テスト…センター試験(読売新聞)
<福岡乳児殺害>別の子供2人も治療受けず死亡(毎日新聞)
<囲碁>本因坊戦挑戦リーグ 高尾と山田が勝ち(毎日新聞)

抑止力維持、「核なき世界」へ協力=安保改定50年で共同文書−日米(時事通信)

 日米安保条約改定の署名から50年の節目となる19日、両国の外務・防衛担当閣僚は日米同盟がアジア太平洋地域の平和と安定のため果たしてきた役割を評価するとともに、国際的な安全保障環境の変化に対応し、深化させていくとした共同文書を発表した。日米が必要な抑止力を維持しつつ、オバマ米大統領が訴えた「核のない世界」を追求することを掲げた。
 共同文書は、在日米軍基地に関して「沖縄を含む地元の基地負担を軽減する」とした上で、「米軍の適切な駐留を含む抑止力を維持する努力を支持」するとの表現で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の解決に努める方針を示した。
 北朝鮮の核・ミサイル計画への対処のほか、6カ国協議での日米協力の重要性を指摘。台頭する中国にも言及し「中国が国際場裏において責任ある建設的な役割を果たすことを歓迎」すると表明、中国との地域協力を図るための日米連携をうたった。
 共同文書は、同盟を深化させるための日米対話の強化も強調。日本側は、懸案の普天間問題の結論を5月までに出した上で、今年前半に日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開催したい意向。11月に横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するオバマ米大統領の来日までの合意を目指す。 

【関連ニュース
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】オバマ語録
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜

<大雪>夜行列車12本運休 JR東日本(毎日新聞)
<NHK>朝ドラ4月から8時開始に 時間変更は48年ぶり(毎日新聞)
<火災>飲食店など13棟焼ける 1人けが 東京(毎日新聞)
【中医協】「5分要件」廃止後、“お薬外来”を不算定に―安達委員が提案(医療介護CBニュース)
インフル定点9.18、3か月ぶり注意報レベル下回る(医療介護CBニュース)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。